高度な設定

GitHubとの高度な連携や、Streamの更新間隔を最適化する方法を紹介します。

スマートフォンと連携

スマートフォンや通常のブラウザで閲覧したissueを、Jasperでも既読にするためにはGitHub Notification Syncを有効にします。

この設定を有効にすると定期的(通常は60秒間隔)にGitHub NotificationからJasper側に反映させます。

JasperからGitHub Notificationへの反映は「issueを閲覧して既読にした」場合のみ行われます。次の操作はGitHub Notificationへは反映されません。

  • Jasperで未読にしたissue

  • Jasperでメニューやキーボードショートカットにより既読にしたissue

GitHub Projectsと連携

特定のGithub Projectsに関連するissueを見るにはProject Streamを作成します。

Project Streamの作成
Project Streamの表示
Project Streamの作成
Project Streamの表示

project:REPOSITORY/PROJECT_BOARDクエリを使い、通常のStreamを作成しGitHub Projects に関連するissueを見ることはできます。しかしProject Streamを使うことでProject Board(カンバン)との連携が可能になるので、Project Streamを使うことをおすすめします。

GitHub Teamと連携

自分が所属するGitHub Teamへメンションされたissueを見るにはTeam Streamを使います。Team Streamは設定画面から有効にします。

Team Streamの有効にする
Team Stream
Team Streamの内容
Team Streamの有効にする
Team Stream
Team Streamの内容

自分が所属するTeamからクエリが自動的に作成されます。

GitHub Watchingと連携する

自分がGitHub上でwatchしたリポジトリのissueを見るにはWatching Streamを使います。Watching Streamは設定画面から有効にします。

Watching Streamの有効にする
Watching Stream
Watching Streamの内容
Watching Streamの有効にする
Watching Stream
Watching Streamの内容

自分がwatchするリポジトリからクエリが自動的に作成されます。

任意のissueを登録する

リポジトリやorganizationではなく、issue単独でStreamにしたい場合はSubscription Streamを使います。Subscription Streamは設定画面から有効にします。

Subscription Streamを有効にする
Subscription Stream
issueを登録する
Subscription Streamを有効にする
Subscription Stream
issueを登録する

Subscription Streamを右クリックして、メニューからissueのURLを登録します。

更新間隔を最適化する

Jasperは通常10秒ごとにissueを検索して更新を取得しています。この更新間隔はStreamごとではなく、Jasper全体の更新間隔です。つまり、Streamをたくさん作れば作るほど、Stream1個あたりの更新は遅くなります。例えばStreamを3つ作っていた場合、1つのStreamが更新されるのは30秒ごとになります。

このような動作になっているのは、Streamが増えてもGitHub側に負荷をかけないようにするためです。

このため、たくさんStreamを作ると更新が遅くなってしまいます。そこで、通常のStreamを少なくしてFilter Streamを積極的に使うことで、更新が遅くならないようにします。

Filter StreamはGitHubの検索を行わず、ローカルのissueをフィルターするため更新間隔に影響を与えません。Filter Streamについての詳細は「Filter Stream」を参照してください。

例えば次のような2つのStreamを作るのではなく、1つのStreamと2つのFilter Streamを作ります。こうすることで前者では1つのStreamあたり20秒間隔の更新だったものが、後者では1つのStreamあたり10秒間隔になります。

2つのStream
1つのStreamと2つのFilter Stream
2つのStream
org:nodejs
org:electron
1つのStreamと2つのFilter Stream
org:nodejs org:electron
org:nodejs
org:electron

JasperではこのようにFilter Streamを積極的に利用することを推奨しています。