Filter Stream
Filter Streamで使用できるフィルターのリファレンスです。
Filter StreamはStreamのissueをフィルターして表示します。
Filter StreamはStreamのメニューにあるAdd Filter Streamから追加します。もしくはトップレベルに作成する場合はAdd Filter Stream top-levelから追加します。また、一時的にFilterを適用することもできます。
Filter Streamの追加
Filter Streamの設定
Top Levelへの追加
一時的
Filter Streamで使用できるフィルターはStreamとほとんど同じ条件を指定できます。ただし、少し異なるものもあるので注意してください。

issueの状態

フィルター
説明
is:issue, is:pr
issueのみ、pull requestのみ
is:open, is:closed
オープンされているissue、クローズされているissue
is:merged, is:unmerged
マージされているissue、マージされていないissue
draft:true, draft:false
ドラフトのissue、ドラフトではないissue‌
is:read, is:unread
既読のissue、未読のissue
is:bookmark, is:unbookmark
ブックマークされたissue、 ブックマークされていないissue
is:archived, is:unarchived
アーカイブされたissue、
アーカイブされていないissue
is:private, is:unprivate
プライベートリポジトリのissue、
パブリックリポジトリのissue

ユーザやチーム

フィルター
説明
involves:defunkt
ユーザが関係するissue
author:defunkt
ユーザが作成したissue
assignee:defunkt
ユーザがアサインされたissue
mentions:defunkt
ユーザがメンションされたissue
team:github/owners
チームがメンションされたissue
同じ種類のフィルターを複数指定するとOR条件になります。例えば、involves:defunkt involves:jlorddefunktもしくはjlordが関係するissueです。
involvesauthor, assignee, mentions,commenter, review-requestedをまとめて指定したものと同様になります。‌

Pull requestレビュー

フィルター
説明
review-requested:defunkt
ユーザ/チームがレビューリクエストされたpull request
reviewed-by:defunkt
ユーザがレビューしたpull request
同じ種類のクエリを複数指定するとOR条件になります。例えば、‌review-requested:defunkt review-requested:jlorddefunktもしくはjlordがレビューリクエストされたpull requestです。

リポジトリやOrganization

フィルター
説明
repo:nodejs/node
リポジトリのissue
org:nodejs
Organizationのissue
user:defunkt
ユーザ下のissue
同じ種類のクエリを複数指定するとOR条件になります。‌例えば、repo:nodejs/node repo:electron/electronnodejs/nodeもしくはelectron/electronのissueです。

ラベルやマイルストーンなど

フィルター
説明
label:bug, label:bug-%
ラベルがついたissue %は任意の文字列にマッチ
milestone:v1.0.0, milestone:v2.0.%
マイルストーンがついたissue %は任意の文字列いマッチ
title:テスト, title:%テスト%
指定されたタイトルがついたissue %は任意の文字列いマッチ
project-name:hello-pj
プロジェクトに紐付いたissue
project-column:now-doing
プロジェクトカラムに紐付いたissue
number:123
特定のissue番号
ラベルには以下のように動的な日付を指定することもできます。
フィルター
説明(今日が2022-08-16だとする)
@current_dateが現在の日付に置き換えられます。つまりフィルターとしてはlabel:release_2022%08%16が実行されます。
@prev_dateが昨日の日付に置き換えられます。つまりフィルターとしてはlabel:release_2022%08%15が実行されます。
@next_dateが明日の日付に置き換えられます。つまりフィルターとしてはlabel:release_2022%08%17が実行されます。
label:[email protected]_date+1, label:[email protected]_date-1
@current_dateに続けて、+1-1を指定すると、現在の日付から相対的な日付に置き換えられます。つまりフィルターはとしてはlabel:release_2022%08%17label:release_2022%08%15が実行されます。
同じ種類のクエリを複数指定するとOR条件になります。例えば、milestone:v1.0.0 milestone:v2.0.0v1.0.0もしくはv2.0.0のマイルストーンがついたissueです。ただし、ラベルについてはAND条件となります。
スペースを含むラベルやマイルストーンの場合はlabel:"hello world"のようにダブルクオーテーションで囲んでください。‌

GitHub プロジェクト

フィルター
説明
project-field:status/ToDo
statusフィールドがToDoになっているissue
project-field:sprint/@current_iteration
sprintフィールドが現在のイテレーションになっているissue
project-field:foo/bar
fooフィールドがbarになっているissue
以下はclassicプロジェクト用のフィルターです。
フィルター
説明
project-name:hello-pj (classic project)
プロジェクトに紐付いたissue
project-column:now-doing (classic project)
プロジェクトカラムに紐付いたissue

任意のキーワード

フィルター
説明
github octocat
キーワード(AND条件)が含まれるissue
スペースを含む場合は"hello world"のようにダブルクオーテーションで囲んでください。
キーワードはissue本文, author, assignee, label, milestone, repository, org, involves, review-requested, review, project-name, project-columnsを対象とします。
OR, NOTには対応していません。

除外・欠如

フィルター
説明
-label:bug, -milestone:v0.0.1, -repo:nodejs/node -involves:defunk...
指定した条件が含まれないissue
no:label, no:milestone, no:assignee, no:project, no:dueon
ラベル、マイルストーン、アサイン、 プロジェクト、締切が設定されていないissue
have:label, have:milestone, have:assignee, have:project, have:dueon
ラベル、マイルストーン、アサイン、 プロジェクト、締切が設定されているissue
最終更新 1mo ago
リンクのコピー
概要
issueの状態
ユーザやチーム
Pull requestレビュー
リポジトリやOrganization
ラベルやマイルストーンなど
GitHub プロジェクト
任意のキーワード
除外・欠如