基本的な使い方

Jasperの基本的な使い方を紹介します。基本の使い方を覚えるだけで、十分に効率的にissueを閲覧できるようになります。

Stream

セットアップ後に自動的に次のようなStreamが作成されます。

Stream

説明

Me

自分に関係するissue/pull requestを見ることができます。基本的にはこのStreamを見れば見落としはありません。

My IssuesMy PRsAssignでフィルターされたissueを見ることもできます。

Team

所属しているチームにメンションされたissueです。

チームごとにフィルターされたissueを見ることもできます。

Repo

最近活動したリポジトリのissueです。

リポジトリごとにフィルターされたissueを見ることもできます。

issue

次の操作はissueの閲覧に特に役立ちます。

動作

操作方法

未読issueだけを表示する

フィルターメニューのFilter by unreadを選択する。

もしくはキーボードの U を押す。

issueを未読に戻す

フローティングメニューの未読アイコンをクリックする。

もしくはキーボードの I を押す。

フィルターメニュー
フローティングメニュー
フィルターメニュー
フローティングメニュー

ブラウザ

前回閲覧時から追加、更新されたコメントはハイライトされて表示されます。

さらに詳しい使い方は「ユースケースごとの使い方」「リファレンス」を参照してください。